前へ
次へ

アルコール依存症を減らすための医療

アルコールによって失敗をおかしたり、取り返しのつかないことをしてしまった人のニュースを毎日のように見ます。
昔からアルコール依存症というものはありましたが、今はストレスも多い時代ですし核家族化が進んでいることもあって、お酒に依存しやすい人が増えているのも確かです。
なんでも、お酒を飲みすぎる傾向がある人は国内で一千万人と言われています。
そのうちアルコール依存症者は百万人、医療機関にかかっている人はたったの五万人です。
アルコール依存症という病名はかなりショッキングですし、「恥」と言った風潮があるのでなかなか自分から医療機関の受診を受ける人は少ないのです。
しかも精神科を受診しなければならず、抵抗もあるのでしょう。
そこで最近では「飲酒量低減外来」を開設した病院があります。
禁煙外来のように、自分一人で依存から抜け出せないけれど危機感を持って悩んでいる人の強い味方になりそうです。
こういった情報を得て速やかに受診することが患者の未来を救うでしょう。

Page Top