前へ
次へ

医療費は病院による違いも大きい

病になり治療を行うとなれば、気になるのは必要となるトータル費用はどの程度なのかではないでしょうか。
同じ病気であり同じ治療方法となれば、どこを選んでも違いはないと考えている人が大半ですが、実際には利用先による違いはかなり大きくなっているので、気をつけなくてはなりません。
入院となれば特にその金額の違いは大きくなっていきます。
現在の公的医療保険制度においてそうなっているので、患者側がよく比較して決めることが大切です。
診療報酬の算定方式には違いがあり、全く同じ治療でも包括払い方式の病院と出来高払い方式の病院には、医療費の自己負担額に違いが生じることは珍しくありません。
包括払い方式の病院では追加料金は不要でも、出来高払い方式の病院では追加料金が生じる場合があったり、その逆もあり得ます。
その結果として、支払わなくてはならない金額に違いが生まれる事に繋がるので、それぞれの違いをよくチェックし納得できる先を選びましょう。

Page Top